国内木材産業のパイオニア ニッタクス

“合板”を知っていますか?

合板とは、樹木を薄く挽いて接着剤で重ね合わせ、熱でプレスした板のこと。
日本では“ベニヤ板”とも呼ばれています。
ところでこの合板、樹木のほぼ100%を有効に使える、
とても自然に優しいエコな木材だって知っていましたか?
合板を作る技術は今から100年ほど前、
貴重な森の木々を捨てずに最大限活用するために、生まれました。

日本初の合板工場は、最先端の木材工場へ

ニッタクスは大正8年、日本で初めて合板機械をアメリカから輸入し、
開拓地、北海道で合板工場をスタート。
企業理念として「開発」と「改良」そして「円満」の3つを掲げ、
お客さま第一の合板作りに、ゼロから取り組んできました。
また昭和27年には水に強く美しい“コムプライト®”(積層強化木)の製造を開始。
今では国内シェア7割を誇る主力製品となり、海外からのオーダーも急増。
建設資材から、箸や椅子などの身近なものにまで幅広く使われています。

木材の新しい可能性は無限

合板もコムプライトも、木材にはいわゆる決まった形がありません。
お客さまが作りたいものに合わせて、
色や形、耐性、強度などすべてをオリジナルで提案しています。
お客さまからのどんなオーダーにもお応えするため、
木材加工の技術やノウハウを磨いて、およそ100年。
私たちは、これからも創業時のフロンティア精神を忘れずに、
木材の新しい可能性を探求しつづけます。


会社概要

商号株式会社ニッタクス
英文名NITTAX CORPORATION
創業大正8年7月(1919年)
設立昭和19年10月(1944年)
資本金9000万円
代表者代表取締役社長 新田 潔
住所〒104-0061 東京都中央区銀座8-2-1
従業員125名 2018年1月現在
事業内容木材・合板・積層強化木製品の開発・製造・販売
エネルギー事業/船舶/鉄道車輌/自動車/建築 などの各部材
パークゴルフ用具の開発・製造・販売
家具・文具・箸 などの開発・製造・販売
建築内装業
その他
取引銀行帯広信金、商工中金、東日本銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行

事業所・関連企業

本社

東京営業所

大阪営業所

名古屋営業所

札幌営業所

十勝工場

千葉工場

新田の森記念館

子会社

日本カンタコア
株式会社

新田林産株式会社


沿革

大正8年(1919)

合資会社新田ベニヤ製造所を設立し、北海道十勝工場にて日本初のベニヤ板の製造を開始

昭和10年(1935)

東京工場の開設

昭和15年(1940)

強化木プロペラの製造を開始

昭和19年(1944)

合資会社新田ベニヤ製造所を新田ベニヤ工業(株)と社名変更

昭和27年(1952)

コムプライトの製造を開始

昭和40年(1965)

野球用バットの成型加工を開始

昭和47年(1972)

FRP合板(パワープライ)の製造開始

昭和48年(1973)

LNGタンカー用特殊合板を米国へ輸出を始める

昭和49年(1974)

サンドイッチ構造用バルサ材(カンタコア)の製造を開始始

昭和51年(1976)

完全無公害合板(ノンステン)の製造を開始

昭和56年(1981)

東京工場を千葉鉄工団地内に移転

昭和62年(1987)

パークゴルフ用品としては業界初のクラブとボールの販売を開始

昭和63年(1988)

台湾カンタコアを設立

平成3年(1991)

(株)ニッタクスと社名変更

平成4年(1992)

トラック用軽量パネルの製造を開始

平成9年(1995)

準不燃合板、不燃合板の製造を開始

平成12年(2000)

千葉工場ISO9001取得

平成14年(2002)

本社・東京営業部 東日本橋へ移転

平成16年(2004)

JR九州新幹線つばめ号の内装にプライウッド部材(難燃)採用

平成17年(2005)

小田急ロマンスカーの内装にプライウッド部材(難燃)採用

平成19年(2007)

合資会社新田ベニヤ製造所を設立し、北海道十勝工場にて日本初のベニヤ板の製造を開始

平成21年(2009)

パークゴルフ「ジェニュイン」の販売開始。 業界初 軽量クラブへの挑戦

平成23年(2011)

山陽・九州新幹線直通列車「みずほ」「さくら」の内装にプライウッド部材採用

営業日カレンダー

2022年 8月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

定休日・祝日

定休日

平日