「コムプライト」は、一般的に積層強化木とよばれている素材です。

1952年(昭和27年)から弊社東京工場(現:千葉工場)にて製造を開始しました。
コムプライトは、単板(数ミリの薄い木材板)に圧力釜で樹脂(プラスチックの原材料に相当)を含ませます。これを幾層にも重ねて熱圧成形し、数センチの厚みにした素材をいいます。

木の風合いを持ちつつ、木材にはない撥水性・加工性・染色性の強さが特長です。


「コムプライト」ならではの美しいカラー

製造当初、ブラック色とNK色の2色でしたが、市場のニーズに対応し、現在はブラック色・NK色・ブラウン色・グレー色・レッド色・ホワイト色の全6色をご用意しております。
特にグレー、ホワイトは独特の美しさがあり、大変人気があります。


水に強く、硬く、美しい

生活用品として活躍する可能性の広がる素材です。

本物の木材が入っている素材だから、手になじみやすく、上品な質感が目にも美しい素材です。

水に強く汚れにくいため、お箸、包丁の柄、ボタンなど、生活用品として様々な場面で利用されています。

 


丈夫で染色堅牢性が高く、衣類に色が移りにくいことからボタンの材料やバッグの取っ手としても利用されています。
また、美しい光沢や質感が大人向けのステーショナリーにも取り入れられています。

 


近年は、小学校の給食用にも多く使われるようになってきました。
手に感じる質感のよいお箸です。
木材そのものよりも丈夫で長持ちする素材のためとても扱いやすく、塗り箸のように滑る事もありません。天然木の箸より衛生的で折れにくいのが特徴です。食器洗浄器にも対応します。


高級感があり、汚れにくい

汚れにくいから、多くの人が利用する場所でこそコムプライトは活躍します。

手に触れる部分が金属ですと、握った感触がとても冷たく感じることがあります。コムプライトは木の質感が生きているので手に優しく、見た目もやさしい印象を与えます。

寒冷地では、金属の手すりが凍結して手にくっつくなど、とても危険なことがありました。このため、コムプライト製の手すりがとても多く活躍しています。


水を通さず、汚れがしみこみにくいため、ドアやハンドルや手すりの材料としても人気があります。

美しい木目が高級感を醸し出します。


大切な場面を支える 強度・硬度・断熱性・絶縁性

素材性能を評価されて、様々な場面で用いられています。

第三軌条 支持梁に

地下鉄で電車の天井に受電するための機械(パンタグラフ)がない電車があるのを知っていますか?
レール の脇に高さ30cmくらいの第3のレール(第三軌条)があり、そこから受電するのです。

受電した電気が車両に流れるのを防ぎ、かつ走行の振動に耐えて受電し続ける端子を支えるためには、強度と絶縁性に優れた素材の必要がありました。そこで、強度をもった部材として、弊社のコムプライトが使われています。


その他、さまざまな分野で特性が活かされています。

磁界発生装置の架台として


架橋に電力や通信ケーブルを固定する絶縁部材として


レールの継目を固定する部分に


輸送船上に積込むLPGタンクの支えとして使用


コムプライトのお問い合わせ・資料のご請求などはこちらからどうぞ
お気軽にお問い合わせください。